泡たてネット

泡立てネット 手作り チュール

泡立てネットを自作しました。

泡立てネット 手作り チュール

ネットを適当な大きさ(30cm幅×72cm長)にカットし、ジャバラ折りにします。

泡立てネット 手作り チュール

片側をぐし縫いします。

泡立てネット 手作り チュール

紐を挟んで糸を引っ張り、きつく絞って縫い止めます。

泡立てネット 手作り チュール

チュールをひっくり返します。

泡立てネット 手作り チュール

最後にDカンを通して完成☆

関連記事

靴下ざるとネコと、布人形の海ちゃん

靴下ざるとネコ 作り 身近な材料 ぬいぐるみ さる 手袋いぬと靴下ざる

2012年にブログでご紹介させていただきました手袋いぬと靴下ざるの写真を取り直すにあたり、新しくネコのぬいぐるみも作ってみました。

靴下ネコ 作り 身近な材料 ぬいぐるみ さる 手袋いぬと靴下ざる

靴下がどんどん動物に変化していくのは、作っていてとっても楽しくワクワクします。

靴下ネコ 作り 身近な材料 ぬいぐるみ さる 手袋いぬと靴下ざる布人形 海

完成した靴下ネコのお膝は、布人形海ちゃんの特等席になっています♪

靴下ざる 作り 身近な材料 ぬいぐるみ さる 手袋いぬと靴下ざる 布人形 海

靴下ざるのマーカスのページ(手袋いぬと靴下ざる)も覗いてみてね☆

関連記事

三鷹の森ジブリ美術館

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 ロボット兵 ラピュタ

甥っ子家族と三鷹の森ジブリ美術館へ行ってきました。写真は屋上庭園にあるラピュタのロボット兵と要石。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 要石 ラピュタ

要石の前ではムスカ大佐の真似する大人たちがたくさんいました。私の姉もその一人で真っ先に「読める!読めるぞ!!」と言っていました。そしてセリフを聞けば自ずと映像が蘇る・・・ジブリ映画はどの作品も本当に印象的なシーンが多いですよね。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館

ネコバスルームの脇にあるテラスにあるベンチと水飲み場。なんともおしゃれなデザインです。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館

映像展示室「土星座」では、オリジナル短編アニメーションを鑑賞することができます。7月は「たからさがし」が上映されていました。「たからさがし」は『ぐりとぐら』で有名な中川李枝子(文)さんと大村百合子(絵)さんの絵本が原作の作品です。

たからさがし

約9分間のアニメーションですが、子どもらしい動きが本当に可愛らしく、目が離せませんでした。最後に「おしまい」と文字が出た時に、隣で甥っ子が「もう一回」と言っていて・・・その気持ちが、私にもよく分かりました。

出来れば宮崎駿監督原作の「めいとネコバス」と「パン種とタマゴ姫」も見てみたかったので、ミニシアターの入口で絵本(400円)を買いました。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館

常設展示室「映画の生まれる場所」では、アニメーション映画になるまでの作り手たちの仕事が紹介されており、部屋の壁には、イラストやスケッチが隙間なく貼られています。また絵コンテなども見ることが出来るので、時間があれば何時間でもいられそうです。個人的には部屋の隅っこに置かれた『怪人ジブジブリ』がツボで、映画が完成するまでの悪戦苦闘の全てを物語っているキャラクターだなと思いました。

『怪人ジブジブリ』は仕事がはかどらないスタッフの冷汗や、あぶら汗をしたって、まわりに集まって来るそうです。肩に乗られると、頭痛、肩こり、腰痛がひどくなり、気分はドーンと暗くなります。宮崎監督が絵コンテを描く時の苦しみから生まれたキャラクターです。

ジブリ映画といえば食事のシーン!馴染みのある素朴な料理でも映像で見ると食べたくなるがジブリ作品の魅力です。単純で申し訳ないですが、私は『風立ちぬ』を見た後にシベリアが食べてみたくなりました。

企画展示「食べるを描く。」では食べ物を美味しく観せるための動きをアニメーションでどのように描いているかについて紹介されています。

甥っ子達もそうですが、子供は美味しいものを食べると、足を振ったり歩き回ったり飛び跳ねたりと、全身で感情を表現しょうとします。ジブリ映画では、その時の表情や仕草をよく観察しそれを細やかに描き出すことで、セリフがなくても映像から美味しさが伝わってくるように作られていることが、この企画展でよく分かりました。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 麦わら帽子

企画展に合わせて、カフェ「麦わら帽子」では映画で登場する食事を再現した新メニューが食べられるそうですが、喫茶室はすでに満席で、長蛇の列ができていました。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 麦わら帽子

しかし隣にはちゃんとテイクアウトコーナーも用意されていています。そして上写真の看板につられて甥っ子がソフトクリームをご所望。どうやらこのイラストは写真よりも効果絶大のようです・・・さすがはジブリ!

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 麦わら帽子

ソフトクリームの他、ドーナツボールとりんごジュース、麦茶などを注文。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 麦わら帽子

丁度喉が渇いていたこともあり、冷えた麦茶がとても美味しかったです。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 手こぎポンプの井戸

中庭にある手こぎポンプの井戸と薪置き場。水はマンホールへと流れていきます。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 マンホール

丸窓には、まっくろくろすけが!

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 まっくろくろすけ

最後に常設展示室「動き始めの部屋」へ。こちらもよくできていてすごく面白かったです。サツキとメイの立体ゾートロープはずっと見ていても飽きませんでした。

ここから下は、ミュージアムショップ『MAMMAAIUTO!(マンマユート)』で買ったお土産をご紹介します。今後美術館に行こうと思われている方の参考になれば幸いです。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 MAMMAAIUTO! マンマユート

まずは缶がかわいい紋章クッキー(1,728円)。クッキーはモロゾフです。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 MAMMAAIUTO! マンマユート

屋上ロボット兵カードスタンド(1,026円)と屋上要石PW置物(3,024円)。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 MAMMAAIUTO! マンマユート

企画展レターセット(864円)、ポニョパラパラブック(540円)、一筆箋猫バス・ラピュタ(702円)、トトロ鉛筆カラフルリーフ柄(864円)。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 MAMMAAIUTO! マンマユート

甥っ子がお土産に選んだ、バカラ製ではない飛行石音声認識バルス(2,592円)。

Ghibuli museum 三鷹の森ジブリ美術館 MAMMAAIUTO! マンマユート

「バルス」というと光るだけでなく、シータがおばあさんに教えてもらったおまじない「リテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」を唱えると光り方が変わります。

関連記事

LINTUKOTO(リントゥコト)のカメラケース

LINTUKOTO(リントゥコト) マリメッコ marimekko ファスナー付きショルダーバッグ カメラケース

マリメッコのLINTUKOTO(リントゥコト)でカメラケースを作りました。サイズは前回紹介したショルダーバッグと同じですが、生地が残りわずかのため、ショルダー部分は肩掛けに出来る長さになっています。

LINTUKOTO(リントゥコト) マリメッコ marimekko ファスナー付きショルダーバッグ カメラケース

どこを取っても柄が可愛いのが、マリメッコのいいところですね。

関連記事
関連記事

雨の日のディズニーシー

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー メディテレーニアンハーバー

甥っ子家族と東京ディズニーシーに行ってきました。しかし生憎天候には恵まれず、パラパラと降ったり止んだりを繰り返す優柔不断な雨に振り回される1日になってしまいました。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー アメリカンウォーターフロント

それでもメインアトラクションのほとんどは屋内にあるため、移動する時以外は雨に濡れずに済みました。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー プロメテウス火山

時々噴火するプロメテウス火山。ついつい立ち止まって見てしまいます。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー フォートレス・エクスプロレーション

そのふもとにあるのが『フォートレス・エクスプロレーション』。こちらの施設は散策型のアトラクションとなっており、要塞やガリオン船を自由に探検することができます。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー イリュージョンルーム フォートレス・エクスプロレーション

歪像画法(アナモルフォーズ)という技法を用いて描かれた「イリュージョンルーム」では、壁、天井、床に描かれたそれぞれの絵が、レンズを通すと、ひとつながりの絵になります。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ペンデュラムタワー フォートレス・エクスプロレーション

その隣にある「ペンデュラムタワー」は、フーコーの振り子を再現したもので、高い天井から吊り下げられた振り子が時間とともに回転し、周りの杭を順に時計回りに倒していくことで、地球の自転を目で確認することができます。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ナビゲーションセンター フォートレス・エクスプロレーション

「ナビゲーションセンター」では小さな帆船の模型を操作することが出来ます(1回100円)。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー

突然の雨にビックリ!よくできています。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ナビゲーションセンター フォートレス・エクスプロレーション

機械仕掛けのプラネタリウムがある「チェインバー・オブ・プラネット」は幻想的な雰囲気が素敵な場所です。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー チェインバー・オブ・プラネット フォートレス・エクスプロレーション

自分で回転できるハンドルがあり、頭上の惑星をくるくると動かす事ができます。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ルネサンス号 フォートレス・エクスプロレーション

停泊中のガリオン船「ルネサンス号」では、ボーンと大砲を撃つことも!

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ヴォルケイニア・レストラン

お昼はミステリアスアイランドにある『ヴォルケイニア・レストラン』で中華をいただきました。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ヴォルケイニア・レストラン

こちらのレストランは、好きな料理をトレーにのせて最後にレジで会計をするバフェテリアサービスとなっています。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ヴォルケイニア・レストラン

単品で注文することもできますが、ヴォルケイニアセット(1,700円)だと自分の好きな組み合わせで料理や飲み物を選ぶことが出来ます。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ヴォルケイニア・レストラン

上写真は、冷やし担担麺、マーボー豆腐、点心三種(肉まん、小エビと麺糸のシュウマイ)、飲み物にオレンジジュースを選んだもの。

Disny Sea iディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ヴォルケイニア・レストラン

下写真はチャーシューと玉子のチャーハン、鶏の唐揚げ、杏仁豆腐、飲み物にジャスミン茶を選んだもの。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー ヴォルケイニア・レストラン

どれもファミリー向けの親しみやすい味付けとなっていて、食べやすかったです。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー

午後を過ぎると雨も止み、所々でキャラクターたちの姿を見かけるように!メディテレニアンハーバーで見かけたドナルドとデイジー、ジミークリケット。快く写真撮影に応じてくれました。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー

訪れた日は丁度、日本の伝統的な行事である“七夕”をテーマとしたスペシャルプログラム『ディズニー七夕デイズ』が開催されていました。

Disny Sea ディズニーシー2017年 七夕デイズ 雨の日のディズニーシー

今日は七夕。またディズニシーへ行けたらいいな!

関連記事

商品一覧

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログに関するご意見・ご感想など、お寄せいただければうれしく思います。