carnation Lily lily Rose

    四国別格二十霊場(9)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(9)

    四国別格二十霊場、第十八番札所、第十九番札所、第二十番札所を巡リました。 別格十八番札所「海岸寺(かいがんじ)」は、弘法大師空海の母親「玉依御前(たまよりごぜん)」の出身地であったことから、善通寺と共に弘法大師誕生の地と言われています。 また山門を守る金剛力士像の代わりに、実在した力士像が安置されている珍しいお寺です。 海岸寺という名前通り、本堂の裏手側にまわると瀬戸内海を一望することも! な...
    四国別格二十霊場(8)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(8)

    四国別格二十霊場、第十六番札所、第十七番札所を巡リました。 別格十六番札所「萩原寺(はぎわらじ)」は、弘法大師が建立したとされるお寺で、萩の名所でもあることから「萩寺」とも呼ばれています。 萩の花が咲く見頃に参拝すると、より一層趣があるんだろうな。 別格十七番札所「神野寺(かんのじ)」は弘法大師が修築にたずさわったとされる、日本最大級のため池「満濃池(まんのういけ)」のほとりにあります。 ...
    四国別格二十霊場(7)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(7)

    四国別格二十霊場、第十五番札所を巡リました。 別格十五番札所「箸蔵寺(はしくらじ)」は弘法大師が建立したとされるお寺で、弘法大師がこの地を訪ねた際に, 金毘羅大権現(こんぴらだいごんげ)より授かった「箸を挙ぐる者、我誓ってこれを救はん(=全ての人々を救済する)」というお告げが、箸蔵寺の名前の由来となっています。 なお金毘羅大権現は、仏教の仏さまが日本の神様として姿を変えて現れた神様。そのため現...
    四国別格二十霊場(6)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(6)

    四国別格二十霊場、第十二番札所、第十三番札所、第十四番札所を巡リました。 別格十二番札所の延命寺(えんめいじ)は「いざり松」と呼ばれる、弘法大師お手植えの松が残るお寺です。 残念ながら松はすでに枯死してしまっていますが、残された松の幹や枝からも非常に大きな松の木だったように思われます。 別格13番札所「仙龍寺(せんりゅうじ)」は、弘法大師が42歳の時に修行をしたお寺です。 こちらのお寺は、本堂の中...
    足腰に御利益 - 護王神社
    READ MORE

    足腰に御利益 - 護王神社

    京都御所の西側ー市バス51系統烏丸下長者町バス停の程近くにある、護王(ごおう)神社を訪ねました。 護王神社は平安遷都を進言した和気清麻呂公(わけのきよまろこう)を祭神とする神社で、イノシシの加護により痛めていた足が不思議と回復したことから、足腰の守護神として広く崇敬されています。 また故事に因んで「いのしし神社」と呼ばれ親しまれており、狛イノシシをはじめ、境内の至る所にイノシシが祀られています。...
    四国別格二十霊場(5)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(5)

    四国別格二十霊場、第九番札所、第十番札所、第十一番札所を巡リました。 第九番札所、文殊院(もんじゅいん)がある場所は、四国遍路の元祖「衛門三郎(えもんさぶろう)」の邸宅があったと伝わる、四国八十八ヶ所発祥のお寺です。 四国遍路において「逆打ち」と呼ばれる巡礼方法は、弘法大師に詫びるため遍路に出た衛門三郎が、反時計回りで廻って大師に会えたという伝説が元になっています。 第十番札所、西山興隆寺(...
    四国別格二十霊場(4)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(4)

    四国別格二十霊場、第六番札所、第七番札所、第八番札所を巡リました。 第六番札所の龍光院(りゅうこういん)は、宇和島城の鬼門にあたる場所にあり、宇和島藩の安寧と領民の安泰を祈願して建立された宇和島藩伊達家の祈願寺です。 また弘法大師ゆかりの地でもあり、僻地故に都から遠く文化の恩恵を受けないこの地を残念に思った弘法大師が、霊場の開創を発願された地と伝わっています。 第七番札所の出石寺(しゅっせき...
    四国別格二十霊場(3)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(3)

    四国別格二十霊場、第四番札所と第五番札所を巡リました。 第四番札所の八坂寺(やさかでら)は、この地に残された「鯖伝説」から通称鯖大師(さばだいし)と呼ばれており、鯖を三年間絶ってご祈念すると願いが成就すると言われています。 境内は鯖一色。 風に棚引いているのも、鯉のぼりならぬ鯖のぼり! 本堂東の山腹をくりぬいてつくられた洞窟内は、四国霊場お砂踏修行道場になっています。LED証明で照らされた各...
    四国別格二十霊場(2)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(2)

    四国別格二十霊場、第三番札所を巡りました。 第三番札所の慈眼寺(じげんじ)は「穴禅定(あなぜんじょう)」と呼ばれる霊験あらたかな行場があることで有名なお寺です。 石門をくぐり、本堂に向かって急勾配の坂を登って行きます。 澄んだ空気と木漏れ日に包まれた参道の両脇には、ただただひたすらに、ありのままの自然の姿が広がっています。 曲がりながらも生きようとする木々があれば、落石などの災害で無残に折...
    苔が生みだす非日常 - 西芳寺
    READ MORE

    苔が生みだす非日常 - 西芳寺

    京都西京区にある西芳寺(さいほうじ)を訪ねました。西芳寺は世界遺産に登録されている古刹で、境内が苔で覆われていることから苔寺とも呼ばれています。 参拝は完全予約制で、事前に往復はがきにて拝観の申し込みが必要となります。 まずは、西来堂(本堂)にて般若心経の唱和・なぞり写経を行います。般若心経をなぞり終えたら、最後に願い事を書き、ご本尊の前にお供えします。 西来堂の襖には、堂本印象(どうもと い...
    初夏の落葉 - 地蔵院
    READ MORE

    初夏の落葉 - 地蔵院

    京都西京区にある地蔵院を訪ねました。地蔵院は境内が竹林で覆われていることから竹の寺と呼ばれており、一休さん(一休宗純)が幼少時代を過ごしたお寺としても知られています。 総門前の参道は、まるで別世界への入口のように、青もみじと苔に囲まれた、静寂の空間が広がっています。 総門をくぐると、ザーと川が流れるような葉擦れの音が響きわたり、しなやかにまっすぐ伸びる孟宗竹(もうそうちく)から、竹落葉がひらひ...
    四国別格二十霊場(1)
    READ MORE

    四国別格二十霊場(1)

    四国別格二十霊場、第一番札所と第二番札所を巡リました。 第一番札所の大山寺(おおやまでら・たいさんじ)。山門を抜けた先には、竹林に挟まれるように急勾配の石段があります。 しばらく登ると鐘楼門が見え、見晴らしも良くなります。そのすぐ先に本堂があります。 本堂に置かれた大きな鏡餅。大山寺は鏡餅を抱えて歩いた距離を競う「力餅」で有名です。 また縁結びのお寺としても有名で、本堂と大師堂を結ぶ回廊は...